名古屋人間力大賞

トップページkeyboard_arrow_right 名古屋人間力大賞

名古屋人間力大賞2023 エントリー受付開始!

名古屋のまちで社会貢献活動を積極的に挑戦している
「人間力」あふれる若者を発信し、
さらなる活躍への期待を込めて表彰します。

エントリーシートをダウンロード

輝け未来Vision 人生変えるその一歩

名古屋人間力大賞

名古屋人間力大賞とは?

名古屋市内若しくは名古屋市近郊在住の20歳から40歳
(1983年1月1日~2003年12月31日生まれ)の方で、
「科学技術」「医療・福祉」「文化・芸術」
「国際交流」
「国際協力」「環境」「スポーツ」
「教育」「まちづくり」等の
分野で社会課題解決のための活動・運動を続けている
人間力あふれる若者を発信し、さらなる活躍への期待を込めて
表彰します。

名古屋人間力大賞の様子

名古屋人間力大賞の演奏シーン

名古屋人間力大賞の受賞シーン

スケジュール

エントリー 2023年1月1日(日)~2月15日(水)
一次選考 2023年2月18日(土)~2月20日(月)
プレゼン動画撮影 2023年2月22日(水)~2月26日(日)
二次選考会 2023年2月27日(月)~3月5日(日)
TOYPエントリー支援 2023年2月20日(月)~随時受付
授賞式 2023年3月28日(火)19:00~21:00(18時半開場)
場所:名古屋市公会堂

授賞式

日時 2023年3月28日(火)19:00~21:00(18時半開場)
場所:名古屋市公会堂

募集要項・エントリー

応募期間 2023年1月1日(日)~2月15日(水)
応募対象 20歳から40歳(1983年1月1日~2003年12月31日生れ)の名古屋市内若しくは名古屋市近郊在住の方で、
「科学技術」・「医療・福祉」・「文化・芸術」・「国際交流」・「国際協力」・「環境」・「スポーツ」・「教育」・
「まちづくり」等の分野で社会課題の解決を目指して活動をしている方(名古屋青年会議所の会員は対象者となりません)。
エントリー対象の条件が合えばどなたでもエントリーが可能です。(自薦・他薦は問いません)
応募方法 エントリーシートをダウンロードしていただき、「氏名」・「所属」・「住所」・「生年月日」・「性別」・「自薦・
推薦者」・「経歴(200文字程度)」・「活動内容(200文字程度)」・「カテゴリー」・「プロフィール写真」・
「活動写真」等を入力していただき、メール(宛先:73ningenryoku@gmail.com)にお送りください。
また、ご自身の活動を紹介する動画(2~3分程度)を、FireStorageなどにアップロードしていただき、
そのURLも添付してご提出ください。

※必要情報を記載し、73ningenryoku@gmail.com
宛にプレゼンテーション動画URLと共に、
メール添付にてお送りください。

名古屋人間力大賞2022 受賞者一覧

名古屋市長賞 印東 梓 さん

名古屋市長賞 印東 梓 さん

-

「人と動物が笑顔で共生できる社会」の実現を目指す、NPO法人KIMIMOの設立者の1人です。 どのようないのちであっても尊く大切にされるように、動物愛護の啓発活動をされています。 ①虐待のない終生飼育の啓発、②未来をつくる子供へ「いのちの教室」の開催、③活動を広め、ペットとの暮らしをより豊かにするため、人と動物が共に楽しむ「わんワンダーフェス」の開催等を行なっておられます。

プレゼン動画を見る

中日新聞社賞 佐伯 杏子 さん

中日新聞社賞 佐伯 杏子 さん

-

佐伯杏子さんは生後8か月で脳性麻痺の診断を受け、両上肢機能障害・移動機能障害をもっています。重度な障がいがあっても多様な挑戦ができることを、健常者・障がい者関係なく多くの方々に知ってもらい、楽しく一緒に過ごせる仲間づくりをしたいと、ブログを通じて重症心身障がい児・障がい者の生の声や活動風景など発信されています。

プレゼン動画を見る

歴代グランプリ賞 松井 健斗 さん

歴代グランプリ賞 松井 健斗 さん

-

名古屋市のまちづくりプロジェクトを若者の中核として約10年間に渡って実施されています。「若者が活躍できる地域文化を創出し、名古屋を想い活躍する人材を企業へ導き “産官学連携” の強化から名古屋市の経済活性を実現させるという想いから「Kanameya-カナメヤ」を創業されました。若者が活躍し夢を実現できる地域文化の創出と、学生への ”きっかけ” 創出を軸に活動されています。学生発の地域行事開催や若者情報発信コンテンツの立ち上げ、新たな学生団体の創設をはじめ愛知県内の学生プラットフォーム構築など、多岐に渡って展開されております。「名古屋のまちは若者たちから盛り上げられている」 そのような文化を “企業×行政×学生” の連携を築くことで創出し、学生の夢が叶えられるまち「名古屋」を築き上げ、名古屋を起点に日本中の若者が背中を押される新たな文化をつくり上げることで、社会を豊かにしていく活動をされています。

プレゼン動画を見る

準グランプリ 藤田 まや さん

準グランプリ 藤田 まや さん

-

大正2年創業、円頓寺商店街の「化粧品のフジタ」に生まれ、円頓寺商店街はもちろん、名古屋市内の商店街を今後も維持し、楽しいまちにしたいという思いで空き家等の活用、イベントの企画運営を行っています。地域内外の方々と協力してまちの魅力を掘り起こし、地域間で連携したまちづくりを実施されています。将来的には商店街やまちの再生と自立、コミュニティの再構築につなげ、魅力的なまちづくりを通して社会を活性化させることを目標とされています。

プレゼン動画を見る

準グランプリ 坂元 玲介 さん

準グランプリ 坂元 玲介 さん

-

地域共生社会の実現に向けた、ヒト・モノ・コトをデザインする会社として、ライフデザイン事業、ソーシャルデザイン事業を運営されています。 何かしらの障害を抱えた方やシニア層の方に旅行を通して、目標や夢を発掘し、生きがいを見つけてもらうための活動を行っております。 高齢者が増え続けていく世の中で、より環境や設備が整備された観光先を発掘し、また増やしていくと共に医療・介護従業者の育成まで行っていくことを目指されています。

プレゼン動画を見る

グランプリ 上野 多加子 さん

グランプリ 上野 多加子 さん

-

看護師経験を活かし、「医療的ケア児」を対象とした児童福祉施設を開設。現在4つの事業所を運営されています。 地域施設や企業と連携し、地域に根ざした活動を展開されています。また、医療的ケア児に関わる各種研修のファシリテーター等を務め、講演等の実績も多く経験されています。さらに、医療的ケア児に特化した支援体制を充実させ、世に発信していくことで、子供たちやご家族の生活を社会的に支えていく仕組みづくりをされています。

プレゼン動画を見る

名古屋人間力大賞2021 受賞者一覧

総務大臣賞 田中麻莉絵さん

名古屋市長賞 田中麻莉絵さん

名古屋市長賞 田中麻莉絵さん

2014年に骨髄異形成症候群と診断され、余命5年の宣告を受けたことをきっかけに、目に見えない疾患をもつ人が周りに配慮を求める「ヘルプマーク」を東海三県にも普及させるための活動に励んでいます。

プレゼン動画を見る

中日新聞社賞 夏目竜典さん

中日新聞社賞 夏目竜典さん

株式会社GIFT

シンガーソングライター歴20年。学校に対し、ミュージカル、児童演劇、ダンスなどの芸術鑑賞の機会を提供し、子供たちの心の発達や、芸能や伝統の文化を守ろうと活動をしています。

プレゼン動画を見る

準グランプリ 菅原和也さん

準グランプリ 菅原和也さん

医療介護塾

22歳で介護職員として勤務を始めました。高齢者の身体機能、精神機能の課題解決のため、シニア向けダンスエクササイズ動画配信サービスやオンラインサービスを提供しています。高齢者のより良い暮らしをサポートをすることで、「若者」の社会参加を目指します。

プレゼン動画を見る

準グランプリ 追立浩貴さん

準グランプリ 追立浩貴さん

Creative Child Care

名古屋市立小学校教諭。本を読み・プレゼンし・対話するワークショップを通じて、子育てを助け合える相互扶助コミュニティ形成を目指しています。

プレゼン動画を見る

グランプリ 矢方美紀さん

グランプリ 矢方美紀さん

株式会社TYK Promotion

元SKE48所属。卒業後の2018年に乳がんのステージ2bに罹患してから、テレビ、ラジオ、講演会等で乳がんの啓発活動を行うと共に、癌になっても夢を諦めない、前向きな姿勢を発信しています。

プレゼン動画を見る

第72年度 入会案内 新規会員募集

SNS・メルマガを
登録して、
JCI名古屋の
最新情報をGET!